卵を通してみなさまに幸せをお届けしたい。そのまま食べても美味しいこだわりの卵を!

たまごからのお願い

皆様においしく召し上がっていただくための10の約束です。

卵を買うときは

きれいで、ひび割れのない新鮮なものを買いましょう。
賞味期限表示の日付を確認しましょう

賞味期限

賞味期限は、タマゴを安心して「生食」できる期限を表示したものです。
ひびが入っているタマゴの生食は避け、加熱調理をしてから食べてください。
半熟たまごも、生たまごだと思っていただくほうが適当です。
賞味期限が過ぎても食べられなくなるわけではありません。
賞味期限がすぎたら、変色、異臭が無い事を確認して加熱調理をしてから食べてください。加熱調理とは、中心温度70℃で1分相当が目安です。
2週間以内に使い切れる量を、お買い求めいただく事をお勧めします。

保存方法

10℃以下の涼しいところで保存してください。(冷蔵庫で保管していただくのが理想です)
卵のとがった方を下に、丸くなった方を上にして保管してください。

先入れ、先出しを!

必ず先に仕入れたものから使用し、古いものを残さないようにしてください。

必ず石けんで手洗いを

卵を調理する前に必ず手洗いをしてください。

調理道具は衛生的に

たまごを入れたボールなどの容器、包丁、まな板などの調理器具は必ず1回1回洗浄してください。

割卵は使う直前に

卵は使う直前に割卵して、決して割ったままの状態で放置しないでください。
放置すると細菌が増殖しやすくなります。

たまごの調理は

加熱調理の場合は、十分に黄身も白身も固くなるまで調理しましょう。
料理を途中で止めるときは、細菌が増殖しないように、そのままにしないで冷蔵庫に入れましょう。
熱を加えない、生のままのタマゴ料理には必ず賞味期限内の新鮮なタマゴを使ってください。ひび割れたタマゴの使用は止めましょう。

卵料理の保管について

出来上がった料理は、室温放置せず適切な温度で管理をしましょう。
*冷たい料理は8℃以下で保管してください。
*温かい料理は60℃以上で保温してください。

ゴミの分別をしましょう

ゴミの分別方法やパックのリサイクル状況は、各自治体によって異なりますのでリサイクルの方法やゴミの出し方について調べたい場合は、お住まいの地域の自治体に問い合わせ下さい。